生活費が足りないといえない理由は2種類

生活費が毎月足りないのに、そのことを夫(旦那)に言えないということで悩んでいる主婦の方も多いです。

 

この言えないということの理由は2種類あるでしょう。

 

その2種類というのが「夫がケチで言うと怒られる」ということか、「毎月ギリギリでやっていっているので生活費のことを言いにくい」というのがあげられるでしょう。

 

夫がケチで言うと怒られる

まず、夫がケチで言うと怒られるという場合は、旦那さんが家計を握っていて、毎月生活費としていくらかもらっている家庭が多いです。

 

毎月5万円なり7万円なりの一定金額をもらっていて、その中でやりくりするように言われているパターンですね。

 

この場合、結構ギリギリな金額しかくれないという人が多いです。

 

旦那さん自身は結構余裕があるはずなのに、生活費には一向に使おうとしないのです。

 

旦那さんのパターンも2種類ぐらいあって、自分自身には結構使う人や自分自身にもお金を使わない人もいます。

 

どちらにしても、あまりにも生活費をギリギリしかくれないというのは、ケチという言い方をするしかないでしょうね。

 

生活費のやりくりも毎月毎月同じパターンで行けるというものではありません。

 

何らかの理由があって今月はちょっと多く必要だったということもあります。

 

なので、せめて足りない部分は言うことによって追加でもらえればいいのですが、ギリギリしか渡してくれない人だと追加も認めてくれない人が多いです。

 

これはでも一度しっかり話し合いするしかないでしょう。

 

実際にこれだけではやっていけないということと、余裕があるならもうちょっと生活費を増やしてほしいということを言わないと解決しませんよね。

 

言えないというか言いづらいことかもしれませんが、一度言わないとこれからずっとその生活が続いていくことになります。

 

いつかは限界にきて離婚というのも視野に入れないといけなくなります。

 

子供がいるのならばなるべく離婚せず家族みんなで楽しくやっていきたいはずです。

 

なので、勇気を振り絞ってある意味離婚を覚悟するぐらいの意気込みで旦那さんに伝えましょう。

 

あまりにもケチな旦那さんで、必死で話しても全く取り合ってもらえないという場合は、離婚の話を切り出しても良いでしょう。

 

女性ですと美容院も行きたいでしょうし、化粧品も買いたいはずです。

 

家庭を持ったらある程度は我慢するのが大事ですが、あまりにもずっと我慢し続ける生活は苦痛でしかありません。

 

なので、一度しっかり話し合いをするようにしましょう。

 

毎月ギリギリでやっていっているので生活費のことを言いにくい

あと、毎月ギリギリでやっていっているので生活費のことを言いにくいという人もいます。

 

毎日頑張って働いている夫に対して、あまり不安をかけたくないという思いもあるでしょう。

 

この場合って夫が自営業として働いているということも多いです。

 

自営業者って収入が安定しないことが多いので、ギリギリで生活している家庭は多いですからね。

 

また、今は収入が低い旦那さんも結構多いです。

 

給料がいい会社はいいんだけど、悪い会社は結構悪いですから。

 

なので、毎月ギリギリでやっているので生活費もおのづと足りないという人は、生活コスト自体を落とすことも考えましょう。

 

家賃の低いところに引越ししたり、スマホを格安SIMに変えるだけでも結構変わってきます。

 

あと、夫に対して転職を進めるのもありでしょうね。

 

もちろん、今すぐに仕事を辞めてしまって、新たに就職活動となると収入が途切れてしまうので、あくまで仕事をしながら転職活動をしなければいけません。

 

多分、頑張って探せば今よりも2〜3万円程度は給料が良いところは見つかるはずです。

 

年齢とか自身の能力とかによって変わってくるかもしれませんが、とりあえずもうちょっと給料の良い所を一緒になって探してあげるといいですね。

 

あと、奥さんが専業主婦で働いていないという場合は、パートに出て月に4〜5万円でも収入を得ることによりだいぶ変わってくるでしょう。

 

どちらにしても旦那さんとしっかり話するということは大事ですね。